藤枝静男「藤枝静男随筆集」

 
浜松にいると藤枝静男さんのお名前を耳にする機会があります。
そよそよと風に乗って来たように。
 
お医者さんであり小説家であり、とても立派そうなイメージでしたが、この本を読んで印象が変わりました。
退学、受験の失敗、浪人など、より道、まわり道の連続です。
その遠回りが藤枝静男さんを作ってゆきます。
 
 
最短距離が良いように思われがちですが、無駄と思われていることも、いつかは糧となり、豊かさにつながります。
 
 
若き日の小林秀雄さんも登場。
 
 
 
正直で少し愉快で深慮と配慮の感じられる文章です。
 
 
 
 
藤枝静男「藤枝静男随筆集」
 
 
 
 
 
 
 
 
読書空間 ひつじ日和